POINT本構想の特色

1地域志向カリキュラム改革

サービスラーニングタームの設置(地域留学)

  • 半年間、地域活動やインターンシップ等に専念する制度
  • 長期の地域における学修に対して、一定の単位を付与。
  • この制度を活用する科目として下記の二つを設定。

長期インターンシップ

  • 【対象:全学2・3年 区分:共愛コア・選択必修 8単位】

RPW(Regional Project Work)

  • 【対象:全学2・3年 区分:共愛コア・選択必修 8単位】
    地域課題解決PBL/地域企業連携のミッション遂行型PBL

地域志向科目履修率100%

  • カリキュラムの中核をなす共愛コア科目のうちの「地域理解」
    科目群を「地域志向科目」に位置付け、
    最低1科目の単位修得を全学生必修とする。

地学一体の地域(産業)人材育成に係る諸取組(科目)

サービスラーニングターム
選択学生数(人)

サービスラーニングターム選択学生数(人)

地域志向科目数

地域志向科目数

地域志向科目履修率(%)

地域志向科目履修率(%)

地域(産業)人材育成
取組参加学生数(人)

地域(産業)人材育成取組参加学生数(人)

2実施体制 地学連携深化モデル構築

実施体制 地学連携深化モデル構築

地学連携深化モデル ~連携から一体へ~

地学連携深化モデル ~連携から一体へ~

↑
例えば、「地域ブランド」は一つの自治体のみで完結するものではありません。
前橋市職員を含むCOC推進本部は、他の自治体との連携事業も実施します。
このモデルは、地域と地域をつなぐハブ機能を創造することも目標とします。

代表的な事例

  • 前橋市初の大学におけるタウンミーティング

    前橋市初の大学における
    タウンミーティング

    【2014年6月21日】
    市長と学生との対話シーン

  • やる気の木プロジェクト

    やる気の木プロジェクト

    前橋市長の掛け声で始まった市内インターカレッジ地域活性プロジェクト(代表は本学学生が務める)
    【2013年~】
    市中心商店街での学市PJ

  • M キッズサミット

    Mキッズサミット

    前橋市・NPO・本学が連携する多世代地域発見・発信プロジェクト
    【2013年~】 小学生のチームによるまちなか探検をサポートする本学学生