INTERVIEWインタビュー

大森昭生 共愛学園前橋国際大学 副学長

2015.02.26 | スタッフ

地学一体   地域と大学の本来的な関係へ。

地域と大学との関係は、これまで、「連携」という言葉で表現されてきました。しかし、「連携」は、別々の主体が連絡を取り合いながら一緒に物事をすることを意味します。そもそも大学と地域は別々の主体なのでしょうか。本来、大学も地域を構成する一員であり、そこに垣根は無いはずです。私たちは、本事業のテーマを「地学一体化加速プロジェクト:持続的地(知)の拠点創成へ」としました。地域と大学の「連携」から一歩前へ歩みを進め、「地学一体」という新しい、しかし、本来あるべき地域と大学の関係を構築します。共愛学園前橋国際大学は、地域の一員としてしっかりと役割を果たしてまいります。同時に、地域の皆様にも、人材育成や地域課題解決の取組を通して、次世代を育むことの主体となっていただきたいとも考えております。地域と大学が一つになり構築される地(知)の拠点は、未来に向かって永続し、地域の発展と次世代の育成に資するものとなるに違いありません。

大森昭生 共愛学園前橋国際大学 副学長 (COC事業実施責任者)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加