ACTIVITY REPORT活動報告

2020年度後期「共愛ファーム」活動報告

2021.02.25 | PBL

 科目「RPW(Regional Project Work)」地域課題解決プロジェクトのひとつである共愛ファーム後期の活動報告を行います。

 2020年度後期は、ハクサイ、キャベツ、ダイコン、カブ、ブロッコリー、カキナなどを中心とした冬野菜の苗植えから始まりました。11月にはサツマイモ、2月にはネギやダイコンなどの冬野菜の収穫を行い、全ての収穫が終了しました。

 昨年は不作であったサツマイモが本年はまずまずの出来であった一方、ハクサイやキャベツが育たず、学生たちは野菜を育てることへの難しさを感じていました。収穫した野菜は、学内で配布、学生自身で持ち帰りおいしくいただきました。

 今年度は、イベントなど対外的な活動を行うことが難しく、ファームで野菜や土、動物たちと向き合う活動が主となりました。このような状況下であったからこそ学ぶことも多くあったかと思います。来年度は、今年度に感じたこと、培ったことを生かし、実施できなかったイベントや企画が開催でき、要である野菜も豊作であることを願います。

詳しい様子は下記リンクをご覧ください。(リンク先:Face book [KYOAI GLOCAL PROJECT])
①冬野菜の苗植え ②野菜の成長 ③サツマイモ掘り(1) ④サツマイモ掘り(2)
⑤野菜の手入れと収穫 ⑥冬野菜の収穫(1) ⑦冬野菜の収穫(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加